水虫 足が腫れる 原因 対処 方法

水虫で足が腫れる原因とその対処方法

スポンサーリンク

水虫と言えば足の指の部分が痒くなるというのが一般的な症状です。
しかし、悪化してしまうとどんどん範囲が広がっていき、足が腫れる症状が出ることもあります。
このような場合の対処方法を知っておくことが重要です。

 

 

【水虫で足が腫れる原因】
水虫は痒くなる症状だけではなく、酷くなると足が腫れることもあるのです。
なぜこのような状態になるのか、その原因を知っておくことが大切になります。
そもそも水虫の原因というのは、白癬菌という菌類によって発生します。
菌類はカビの仲間なので、どんどん繁殖して範囲を広げていきます。

 

 

そうすれば水虫の範囲が広がり、ジュクジュクとしている範囲も広がってしまうでしょう。
その結果、足が腫れるという症状が起こり、痛みまで発生してしまうのです。
よって原因である白癬菌を排除するというのが最大の対処方法なのです。
白癬菌の対処方法は、薬物治療が一般的になるので、医療機関を受診するのがよいでしょう。
原因を取り去らないと、どんどん拡大する可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

【足が腫れる症状が出たらどうするのか】
水虫が原因で足が腫れる症状が出た場合には、まず対処方法を知っておく必要があります。
どのような対処方法があるのかというと、最も簡単なのは、酷くなる前に薬を塗布することです。
しかし、すでに足が腫れる症状が出た場合の対処方法は、皮膚科を受診することでしょう。

 

 

そうしないと二次感染が発生する可能性があるので、早めの受診が大切になるのです。
皮膚科に行くまでは、水虫の原因菌を広げないために、痒くても我慢することや、冷やすなどの対処方法が有効的です。
ただし、この対処方法は一時凌ぎでしかありませんので、酷くなる前に医療機関を受診することが大切になります。

 

 

水虫で足が腫れる原因を知ったら、やはりこのような症状が発生しないように注意する必要があります。
リンパ腺が腫れあがる前に治療をしておくことで、このような酷い状態にならないで済むのです。

スポンサーリンク