水虫 治療 ハイター

水虫の治療にキッチンハイターが使えるってホント?

スポンサーリンク

キッチンハイターと言えば食器用の漂白剤で一家に一つはあるというほどメジャーなものです。
そのキッチンハイターが水虫の民間治療の方法として使用されています。

 

水虫の治療効果がある理由は、キッチンハイターに配合されている次亜塩素酸ナトリウムの働きによるものです。
次亜塩素酸ナトリウムは高い殺菌消毒力を持つ成分として知られています。
次亜塩素酸ナトリウムは食中毒などを引き起こす最近の殺菌にも使われているため、その効果で水虫の原因菌である白癬菌を殺菌してしまおう、という治療法になります。

 

治療方法は簡単で、2リットルの水にキャップ2杯ほどのキッチンハイターを入れて混ぜ、足に浸すだけです。
時間としては1回10分〜15分ほど浸しておきます。
皮膚に漂白剤なんて危険なんじゃないのかという人もいますが、その人の水虫の状態にもよりますが、多くの人がこの方法で病院に行くことなく水虫を治療したという口コミで広がっている治療法です。

スポンサーリンク

キッチンハイターに患部を毎日つけていると、1週間ほどで水虫のせいでボロボロになってしまっていた足の皮が綺麗に剥けて、やがて完治してしまうと言われています。
注意点としては最初から濃度を濃くしてしまわないことです。
水2リットルに対しキャップ2杯ほどという人もいれば、足の指がぬるっとする程度というあいまいな濃度を推奨している人もいます。

 

自分の好みの濃度に還ることもできますが、人によっては刺激を感じてしまうため薄めの濃度から初めて見るようにしましょう。
あまり濃い濃度で行ってしまうと逆に肌のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
症状が改善しない、悪化したように感じた場合にはすぐに使用をやめて病院で治療を受けることも重要です。

 

また、効果があると言われている物の多くは角質層の水虫です。
爪にまで感染してしまっている場合には爪が水分を弾いてしまうことと深部に白癬菌が感染しているので効果が実感できない可能性もあります。
正規の治療方法ではありませんので自己責任でお願いいたします。

スポンサーリンク