水虫 酢 塗る

酢を患部に塗るという水虫の治療法をご存知ですか?

スポンサーリンク

水虫は白癬菌というカビの一種が引き起こす伝染病です。
皮膚が剥けた部分や割れた部分から菌が侵入し、奥深くまで浸透してしまうと容易に治るものではありません。
水虫の原因菌「白癬菌」は、高温多湿の環境が大好きです。

 

ですから、靴下や革靴などによって蒸れた状態の足は最高の棲み家なのです。
水虫と言えば「痒み」に悩まされ、男性に多く見られるというイメージがありますが、女性の患者さんも多くいます。
水虫を治すには、ドラッグストアなどで購入出来る市販薬を使ったり、皮膚科に通院するという手段が考えられます。

 

しかし、水虫は一度薬を塗ったからと言って治るものではありません。
市販薬や通院という選択は時間もお金もかかるのです。
薬を塗り忘れたり、忙しくて病院に行くのが中途半端になってしまったりすると、何度でもぶり返してしまい、なかなか縁が切れないという実に厄介なものです。
では、お金や時間をかけずに治療をする方法はないのでしょうか。

スポンサーリンク

結論から言えば、水虫がまだ軽度の場合ならば自宅で十分に治療をすることが出来ます。
この時に用いられるのが酢、特に木酢や竹酢が効果的が期待できます。

 

酢にはフェノールという化合物が含まれており、これが原因菌に作用するのです。
これは昔から有名な方法です。
ただの民間療法かと思いきや科学的にも証明されています。

 

やり方は簡単です。
「酢を患部に塗る。」たったそれだけです。
より正確に言うならば、患部の周辺に塗ることから始めます。

 

いきなり患部に直接塗ると、白癬菌は逃げてしまいます。
そこで、菌が逃げられないように酢の包囲網を作ります。
そうして最後に患部を狙えば完璧です。

 

また、効果を少しでも長続きさせるためには単に塗るだけではなく、酢が塗られた患部をラップなどで巻くと良いでしょう。
確かに、この方法は科学的にも認められた効果のある方法ですが、あくまでも対応出来るのは初期の水虫に対してです。
患部が腫れたり化膿したり、激痛を感じたりするのであれば、すぐに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク