水虫 目 うつる

水虫は目にうつることがある!?

スポンサーリンク

水虫は白癬菌が原因で発症します。
白癬菌とは名称にこそ菌とつきますが、実際はカビの一種です。
そしてカビであるが故に、高温多湿なところで繁殖します。

 

具体的に言えば、温度が15度以上で、湿度が70パーセントを超えると、爆発的に増えるのです。
これは感染力が非常に高いことでも知られています。
そのため、家族に一人でもそれを患っている人がいると、全員に感染することも珍しくありません。

 

また、感染した場所によって、その名称が変わることでも有名です。
爪だと爪水虫と呼ばれ、股間ならいんきんたむし、身体だとたむし、頭だとしらくもと呼ばれるようになります。
では、水虫になっている部分をひっかいた手で目を触ると、そこにうつるのかと言えば、その可能性はほぼないと言われています。

 

白癬菌は付着するとそれだけでうつるというイメージを持って語られていますが、実際はそんなことはありません。
高温多湿かつ不潔にしない限り、発症はしないのです。

スポンサーリンク

かつて水虫は完治しない病だと言われていました。
しかしこれは誤った認識です。
自覚症状が芽生えた段階で皮膚科の病院に行くようにすれば、早い段階での完治が期待できるのです。

 

しかし、問題箇所が白くふやけるなど、目に見えた症状がないと、単なにそこが蒸れただけだと考える人が多いため、対応が後手に回ることが多いとされています。
そして悪化した後に、恥ずかしいからと自己流で治そうとすると、かえって症状が悪化したという事例は少なくありません。
治療に使える市販薬は数が多いのですが、個人差などもあるため、使っても効果を発揮しない、あるいはかぶれるだけに終わるということも多いのです。

 

水虫が目にうつる心配はないというのは、先に説明したとおりですが、靴や靴下などを毎日取り替えるなど、清潔な環境を保つための努力をしないと、悪化していくのは確かなのです。
足がかゆいと集中力がどうしても低下します。
それは生活の質を下げることにも繋がるので、注意するようにしましょう。

スポンサーリンク