水虫 ぱっくり 割れ 症状

水虫の指の間のぱっくり割れ症状について

スポンサーリンク

特に夏場は水虫を患っている人にとってはかゆさに悩まされる季節です。
仕事柄スーツに革靴というフォーマルな格好をする人にとっては一日中足が密閉されているため足がむれてさらにかゆみが増します。

 

かゆみがおこる水虫は主に指の間の皮膚が剥ける症状となりかゆいので掻いてしまうとぱっくり割れてしまい出血することもあります。
そのためかゆみがする患部はできるだけかかないようにし、乾燥させる塗薬を塗ってかゆみを抑えると共にかかないことが必要です。

 

指の間の水虫は皮膚の皮がむけて皮膚がむれることによってかゆくなりますので、お風呂上りなどに水分を十分にとるようふくことも大事ですし、乾燥した状態となるように薬で乾燥させることも必要となります。
症状によっては割れた状態となることもありますが、その場合にも割れめからばい菌などが入らないように薬をつけたりすることも必要となります。
ぱっくり割れ症状に対しては何よりかかないことが大事です。

スポンサーリンク

指の間の水虫には塗薬による治療が一番です。
病院に行かなくてもドラッグストアなどで多くの種類の薬が販売されていますので、それらを購入し治療することができます。

 

但し薬の種類にはそれぞれの症状に対して得意・不得意があります。
薬の箱に書かれている注意書きを確認することも必要ですが、薬剤師がいる店であればどの薬を使用すればよいのか相談することも必要です。
薬をつけても症状が改善されないようであれば、病院にいって診察してもらい適切な薬を処方してもらうことが必要です。

 

特にぱっくり割れの状態までになると症状としては悪い状態ですので、すぐに対処することが必要となります。
病院で診察してもらうと医師から適切な薬を選んでもらますし、定期的に通院することにより副作用などがないのかといった確認をしてもらえます。
なので病院で医師に診てもらって治療することが確実であり、いつまで治療を続ければよいのかの判断もしてもらえます。

スポンサーリンク