ベビーフット 水虫 悪化

ベビーフットを使うと水虫が悪化することがある?

スポンサーリンク

ベビーフットとは古くなった足の裏やかかとの角質を取り除くことができる使い捨てのフットケア用品です。
足の裏は他の部分よりも皮膚の層が厚いのですし、圧力や摩擦によって負担がかかりやすいので古い皮膚が蓄積されやすい部位です。

 

しかし、ベビーフットの主成分であるフルーツ酸には蓄積された古い角質層の接着部分に働きかけて剥がれやすくする働きがあるので、使用後は古い角質のないきれいな素足を取り戻すことが可能です。
また、ベビーフットには18種類の植物エキスが配合されているので保湿効果も期待できます。

 

使用中に痛みや不快感を感じることはありませんし、医学的にも副作用が現れることはありません。
使い方はフルーツ酸のジェルが入った足型のビニール袋に足を入れたらジェルが全体に行き渡るように両手で揉み、その後しばらく放置するだけです。
ベビーフットには30分用と60分用と120分用の3種類がありますが、指定の時間になったらビニール袋を外し、シャワーでジェルを洗い流します。

スポンサーリンク

ベビーフットには古い角質を取り除く効果がありますが、古い角質と一緒に水虫の原因菌である白癬菌も除去することができれば水虫を治療することも可能です。
しかし、白癬菌は角質の奥深くまで増殖していることが多いので、表面の角質を取り除いても白癬菌を完全に除去できないことが多いです。

 

一時的に症状が改善したとしても、白癬菌が少しでも残っていたらまた元の状態に戻ってしまいます。
ただし、水虫の治療薬を使って表面の白癬菌を死滅させてからベビーフットを使って表面の角質を取り除くというやり方を何回か繰り返せば水虫の治療効果が期待できます。
ベビーフットを使うと今まで正常だった部分まで白癬菌に感染してしまうことがあります。
そうなると範囲が広がるなど症状が悪化してしまうことがあります。

 

また、患部がジュクジュクしている時に使うと症状が悪化して強い痛みやかぶれが現れることがあります。
もし症状が悪化した時はすぐに使用を中止し、早めに医師に相談することが大切です。

スポンサーリンク