水虫 壊死 放置

水虫を放置すると患部が壊死してしまう危険性について

スポンサーリンク

自分の足の指に水虫があるということは、女性はもちろんのこと、男性にとっても恥ずかしいものです。
また、水虫は皮膚を荒らす「白癬菌」によって引き起こされる、れっきとした伝染病です。
しかし、患部の皮膚が剥けていたり、角質化してひび割れていたり、少々痒いくらいでは病院に行くほどでもないと考えて放置したり、あるいは市販薬で何とかなるだろうと素人が勝手に治療をすると、なかなか治りません。

 

治らないどころかどんどん悪化して行くケースもあります。
たかが水虫、されど水虫なのです。

 

では悪化した場合にはどのような弊害が起きて来るのでしょうか。

 

確かに水虫の直接的な原因である白癬菌は皮膚の角質層にしか生息出来ないものなので、悪化してもたかが知れています。
つまり問題となるのは何かと言えば、剥けたり割れたりした皮膚の隙間から侵入する全く別の菌なのです。
痒みがあるだけで大したことはない、と放置してしまうと、後から侵入して来たブドウ球菌が大暴れしてしまい、結果として患部が腫れたり化膿したりと重症化するのです。

スポンサーリンク

放置された患部では、侵入を果たしたブドウ球菌の動きが活発化します。
それによって足の指が腫れて来ると、少し触れただけでも激痛が走るようになり歩行も困難になります。
「水虫ごときで。」と思うでしょうけれど、痛くて歩けなくなってしまえば、菌が完全に死滅するまで入院しなければならないこともあります。

 

また、さらに状況が悪くなれば、患部が壊死してしまい足を切断する騒ぎにまでなりかねません。
特に糖尿病を患っている人は、動脈硬化によって血流が悪くなっているので白血球の働きが弱く、壊死の起きる可能性が上がるので注意が必要です。
ここまでは「患部を放置すれば壊死して足を切ることになる。」などと物騒なことばかり述べて来ましたが、これは極端な例です。

 

しかし、水虫はあくまでも伝染病であることを忘れてはいけません。
自分が意識していなくても、あらゆる場所で菌をばらまいているかもしれないのです。
さらに、感染するのは足の指だけではなく、手や顔、頭皮など菌が侵入してしまえばどこにでも症状は現れます。
ですから「恥ずかしい。」とか「大したことはない。」などとは言わず、症状が軽いうちに適切な治療を受けるべきです。

スポンサーリンク