水虫 種類 痒くない

水虫の種類には痒くないモノがある!

スポンサーリンク

水虫といえば、痒くてがまんできないという症状をイメージする人も多いでしょう。
しかしながら、痒くない種類もあるので注意が必要です。
原因菌となる白癬菌は、最初に侵入するのは足の指の間や足の裏の柔らかい皮膚の部分であるため、水泡やただれが起き、そしてその症状は強いかゆみを伴います。

 

これは菌を体の外へ追い出そうとする、通常の体の免疫反応といえるのですが、そのまま放置してしまうと白癬菌が人の皮膚に住み着いてしまい、常在菌と同じような状態になってしまうことがあります。
そうなってしまうと、菌を追い出そうとする免疫反応が起こりません。
水泡やかゆみも起こらないのです。
しかしながら、白癬菌は角質層の中で増殖を続けます。
そうすると、角質層の厚いかかとや爪に感染してしまうのです。

 

角質増殖型と呼ばれるものや、爪にできる爪水虫などが、痒くない水虫の種類となります。
痒くない種類の水虫は、放置することで白癬菌をばらまき、家族や他人へ移してしまうことにもなります。

スポンサーリンク

角質増殖型と呼ばれるものは、足の裏やかかとの皮がむけて落ちます。
それを家族や他人が踏んだりすることで、白癬菌を他人に感染させてしまいます。
爪水虫は、爪が白く濁っていたり、変形してボロボロになっている症状になるので、そのような状態の爪には注意しましょう。

 

放置していても、痛みやかゆみがありませんが、他の爪に感染し、症状が広がることがあります。
白癬菌が貯められている状態になり、これも家族や他人に移しやすいといえます。
さらに、爪水虫は、爪に薬が浸透しにくく、外用薬のみでは完治しにくいといわれています。

 

病院では内服薬の服用が勧められることがありますが、最近は薬の開発で、外用薬でも効果の出るものが出てきました。
爪は生え変わるのに半年から1年かかるので、治療には長い期間がかかります。
症状を悪化させないためにも、水虫の疑いを感じたら、早めに診察、治療を開始し、白癬菌の繁殖、感染させないような生活環境を作りましょう。

スポンサーリンク