水虫 悪化 腫れ

水虫が腫れたり悪化した時の対処法

スポンサーリンク

水虫とは、白癬菌という真菌が原因の疾患です。
白癬菌はどこにでもいる菌で、他人から感染しやすい病気です。
日本人は裸足になったりすることが多く、日本人の5人に一人は水虫の可能性があるとまで言われています。

 

水虫の人が裸足で使用したスリッパや、銭湯や浴室のバスマット・プールやスポーツジムなどに白癬菌がいることにより容易に感染してしまいます。
白癬菌は高温多湿が大好きで、浴室やプールなどはもちろん、ブーツや皮靴などを好みます。
白癬菌に感染して症状が進んでいくと、水ぶくれや皮がむける・かゆみ・痛みなどを引き起こします。

 

白癬菌は足だけではなく、手や頭などにも起こります。
足にできる場合、足の指と指の間が皮むけしたり、白くふやけたような状態になります。
また足の裏や土踏まずあたりが強烈にかゆくなる症状や、足の裏やかかとにひび割れが起きたり皮膚がむけたような症状のものもあります。
足の爪の部分では爪が白くなったり、表面にしわが出ることがあります。

スポンサーリンク

水虫は放置してしまうと腫れたりして悪化していきます。
悪化していくと、患部がどんどん広がったり、同居家族にも感染してしまいます。
放置して悪化していくと、足が腫れ、痛みを伴います。

 

さらに足のリンパ腺が腫れたり、発熱したりする症状が現れます。
ひどくならないうちにしっかりと治療をして、白癬菌を退治することが重要です。
軽度の場合は市販薬でも効果がありますが、白癬菌は症状がなくなったからといって菌が完全に死んだとはいえないことが多く、とても再発しやすいのです。

 

再発を繰り返してしまったり、悪化して腫れてきたりした場合は皮膚科を受診しましょう。
外用薬を処方通りに塗布し、定期的に診察をすることで白癬菌を撲滅できます。
また、一度治ったらもう水虫にならない工夫をすることが大切です。

 

水虫を予防するためには、白癬菌が好きな高温多湿の状況を作らないことです。
体を清潔に保つことや、他人と共用するものを避ける・皮靴やブーツをやめて靴下をはくなどの予防や工夫が大切です。

スポンサーリンク