水虫 におい どんな 例え

水虫はどんなにおいか例えてみましょう

スポンサーリンク

水虫とは、カビ菌のことです。
水虫菌とも言います。
菌が繁殖して強烈な臭いがします。
どんなにおいか例えますと食べ物が腐ったような感じがする時もありますし、色々なにおいが混ざったような感じがする時もあります。

 

靴下や靴で汗と菌が一緒に蒸れて独特なにおいを発します。
周囲の人も気づくような強烈な臭いです。
体に発生しますが特に足に多く発生します。
男性だけでなく女性でも多くの人が悩んでいます。

 

長時間、靴やブーツなどを履いていると菌は繁殖しやすくにおいの原因になります。
においがする人は対策をとることをお勧めします。
周囲の人にも不快な思いをさせてしまいますし菌が繁殖したり放置することで症状が悪化することもあります。
また、水虫を移してしまうこともあり危険です。

 

水虫かもしれないと感じた時には病院で受診して検査をしましょう。
治療をすると完治します。
病院へ行きにくい人はどんな症状があるのかでネット等でチェックすることもできます。

スポンサーリンク

症状は、例えば患部がじくじくした感じがする、臭い、皮が剥けている、角質ができてカサカサしている、水膨れになっている、ひどいかゆみがあるなどです。
また、色々な場所にカビ菌は発生します。
足に多く発生しますが、足の指、指の間、爪、足裏などたくさんの場所に発生しますので良く確認しましょう。

 

治療方法は、病院で処方される飲み薬、塗り薬や清潔に保つことが重要です。
良く足を洗い清潔に保ちましょう。
また、水分をしっかりと丁寧に拭き取ることも大事です。
拭き取ったら薬を塗っておきましょう。

 

予防としては、例えば素足で色々な場所で歩かない、温泉施設などは注意する、靴下はこまめに取り替える、靴は毎日同じものを履かないなどの注意が必要です。
足や体に水虫のような症状がある場合には、どんな病気かもしれないので検査を受けることが良いでしょう。
菌は、においがチェックポイントと言っても良いでしょう。
治療や予防などの対策は重要です。

スポンサーリンク