水虫 治療 原因 薬 水疱

水虫の治療や原因、薬などについて解説しています

スポンサーリンク

水虫になるとまず悩まされるのがかゆみです。
正しくは「足白癬」と言います。
水ぶくれやかゆみなどの症状が起こりますし、他の人に感染させてしまうことがあります。

 

自分がどのような種類でどのような治療を行えばよいのかを知ることは大切です。
このサイトでは基本的な知識から細かな症状などについても解説していますので他のページもご覧ください。
まずは基本的な知識からお話していきましょう。

 

【原因となるのは白癬菌】
白癬菌というのはカビの一種です。
白癬菌が皮膚には侵入することによって発症します。
人間の皮膚、髪の毛、爪などにはケラチンというの物質があり、それを好んでいます。
髪の毛のある頭部や爪のある手などにも感染しますが多くの場合は足に感染します。
白癬菌は高温多湿を好みますので靴を履いたままである足が一番多いです。

 

【人から人へと感染します】
白癬菌が生息している皮膚から剥がれ落ちたアカなどを他の人が踏むことにより白癬菌を踏んでしまいますので感染します。
足ふきマットが一番の原因となります。
ピールや温泉などにある足ふきマットには注意が必要です。

 

【ただし感染しただけでは発症しません!】
これには理由があります。
「24時間以内」に足を洗うことによって水虫となることは防げます。
足に傷がある場合には侵入しやすくなりますのでもう少し早めに洗いましょう。

スポンサーリンク

【水虫にタイプは4つ】

 

「趾間型」
最も多くみられるタイプがこちらです。
薬指と小指の間にできやすいとされています。
これには2種類あり、足の指の間が湿ってジュクジュクする湿潤型、皮がむけたりあかくなったりする乾燥型に分かれています。

 

「小水疱型」
指の付け根、足の裏、足の淵などに小さな水ぶくれができます。
かゆみがある場合とない場合があります。
小さな水ぶくれが破れると液体が出てきて、徐々に乾燥していき皮がむけます。

 

「角質増殖型」
かゆみがなく症状が出ないと言われています。
足の裏全体やかかとの角質層が硬くなるのが特徴です。
粉のようなものが出ている場合にはこちらの可能性があります。

 

「爪白癬」
爪にできるもので爪が黄白色へと変色します。
水虫を放置してしまうと爪の中にまで感染が広がることがあります。

 

【治療方法】
趾間型と小水疱型は外用薬を使用することがほとんどです。
抗真菌薬を継続的に塗ることによって菌を殺菌していきます。
症状がなくなったからと言っても薬の使用を中止することは再発する可能性がありますので最低でも1か月は塗っていきましょう。
角質増殖型の場合には外用薬は効き目が薄い場合があります。

 

以前は内服薬を使用していましたが最近では尿素を配合している治療薬もあります。
角質増殖型は再発が多いと言われていますので根気よく行うことも大切です。
市販薬を使用する場合には自分のタイプに合ったものを使用するようにしましょう。

ジュクジュクタイプにはクリームやパウダー
ブツブツしたものにはスプレーやジェル

などのように自分のタイプを判断して効果的に使用することが大切です。
わからない場合には薬剤師に相談してみましょう。

 

【まとめ】
治療についても予防についても、まずは清潔にすることが重要です。
お風呂上りは足をしっかり拭く、足ふきマットは清潔にする、靴はこまめに乾燥させるなどの対処をすることによって予防することができます。

 

水虫はきちんと治療することによって完治させることができる病気ですので清潔で健康的な足を作っていきましょう。
他のページでは細かな部分にも触れていますのでよろしければご覧ください。

スポンサーリンク